パワーポイント

【パワーポイントデザイン】使いまわせる円グラフを作ろう

更新日:

スポンサードリンク



円グラフや棒グラフは資料を作るうえで頻繁に登場するものです。「基本的には」エクセルなどで数値を入力してグラフを作る必要があるんですけど、毎回作るのが面倒くさいですよね。

複雑に数字の絡むグラフなら仕方ありませんが、盛り込む要素が少ないグラフを作るたびに色を調整したり大きさを調整したりするのはハッキリ言って不毛です。

特に円グラフの場合、あまりビジュアル的に精緻なものは要求されません。なので毎回作らなければならないという面倒から解放されるために、使いまわせる円グラフをあらかじめ作っておきましょう。

円とパイを組み合わせて円グラフを作る

上図が完成形です。今回作る円グラフはビックリするほど簡単です!

「挿入」→「図形」の順にクリックし、「円/楕円」を選択。

「Shift」を押しながらドラッグで、真円になるように作りましょう。

配置した「円の図形」をコピーペーストで一つ増やします。

増やしたほうの「円の図形」を「パイ」に変更します。

「図形の編集」→「図形の変更」を順にクリックし、「パイ」を選択してください。

「円」が「パイ」に変更されました。

「パイ」の色を変更します。

描画タブの「図形の塗りつぶし」から色を変えましょう。

とりあえず「パイ」をベージュにしてみました。

これで黒の「円」とベージュの「パイ」が揃いました。

「パイ」を「円」にピッタリと重ねましょう。これでひとまずは完成です。

試しに「パイ」を選択して出てくるボックスの黄色いポインタをマウスでクリックし、動かしてみましょう。無段階式の円グラフとして使えることが分かってもらえると思います。

スプレッドシートのいらない円グラフは便利

パイの上にさらに「円」を乗せたものを三つに増やしてスライドを作ってみました。こんな感じのアバウトな円グラフでいいときは、図形を組み合わせてパパっと作るほうが早いですね。

簡単にグラフと数字を変更できるのですごく便利です。

もちろん「パイ」を重ねて円グラフを作るのもアリです。複数の要素を一つの円グラフにしてスライドのスペースを確保しましょう。

面倒くさい時は図形で円グラフを作る

図形で円グラフを作る方法を紹介しました。

図形で円グラフを作れるようになると、いちいちエクセルを起動して数字を入力する手間が省けますからけっこうな時間短縮になります。スライドで作るグラフの見た目アバウトでOKなので、ぜひこの手法を取り入れましょう。スライドにあるグラフをミリ単位でチェックする人なんていませんしね(笑)

-パワーポイント

Copyright© オレ式。 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.